南国!琉球カフェ

私は、会社の慰安旅行で沖縄へ初めて行きました。

その時に琉球南国情緒溢れる、あるカフェへ立ち寄ったのです。

沖縄県那覇市内から車で約1時間程離れた、宜野湾市の沖縄万座ビーチにある浜辺にあるお店です。

ヤシの葉っぱで造った屋根で、お店全体の造りはログハウス系でした。

そして、お店の中の天井にはバナナの葉っぱで出来た大きな扇風機が回っていました。

お店の奥からは、沖縄民謡が蛇味線の音色に乗って聞こえてきました。

その音色が沖縄独特の雰囲気だったので心地よかったです。

お店のメニューは、トロピカルドリンクやマンゴウカフェ等、沖縄南国でしか味わえないカフェメニューでした。

その他にも、沖縄でしか見られないお店がビーチ沿いにありました。

中には、お店の裏や横に、ヤシの木とヤシの木に間にハンモップを張ってありました。

そのハンモップに寝そべって揺られながら、アイスカフェオレをストローで飲んでいるお客さんもいました。

そこから沖縄の都心の那覇市内の、国際通りを歩いて行きました。

米軍の基地があるからかなのでしょうか、あちらこちらに欧米風のカフェがありました。

アメリカグラフッテーの映画に出てきそうなカフェへ入ってみると、メニュー表を見て、ビッグで驚きました。

メニュー表は、円ではなくドル表記なのです。

私はホットドックの普通サイズを注文しました。

すると2人で食べても良い位のサイズのホットドックとカフェオレが目の前に置かれました。

また、お店で支払う際円で支払いおつりがドルで返ってきたので一瞬戸惑いました。

私が戸惑っていたら、お店の店員さんが、微笑みながら教えてくれました。

それは、帰りエアポートの中のバンクで、円できるということでした。

日本なのに外国にいるのではないかと、錯覚したほどです。

初めての沖縄の旅は戸惑う事ばかりでした。

ですが、食文化の違いに触れ、現地の人とも交流でき、貴重な経験をさせて頂いたと、感謝しています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です