団塊世代とカフェオーナー

団塊世代の第二の人生として、カフェオーナーを選ぶ人が多いです。この世代はもともとコーヒー好きな人が多くいます。

それに加え、仕事でたくさんのコーヒーを飲む機会があり、舌も肥えているという特徴があります。自営のカフェオーナーとして自宅の一部を改装して店を構える方法が好まれています。土地代が要りませんから、初期費用を抑えるにはいいスタイルです。ただ、もともとの土地が狭いと、ギリギリのスペースになりやすいです。備品も最小限になるでしょう。このタイプのカフェオーナーは、店舗を大きくしようという人は少ないようです。どちらかといえば、大きく稼ぐよりも趣味の延長という印象でしょうか。本人が楽しく経営できれば、それも一興です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です