失敗しない!コーヒースイーツの選び方

みなさんは、どんなスイーツをコーヒーに合わせるのがお好みでしょうか?

一言でスイーツといっても、焼き菓子類や、生クリームやカスタードクリームなどをたっぷり使ったデコレーションケーキやシュークリーム、フレッシュあるいはドライタイプのフルーツを使ったもの、チョコレートを使用した濃厚なもの、はたまたあんこや抹茶などを使用した和菓子類など、多岐にわたります。

でも、これらのスイーツとコーヒーの組み合わせについて考えたことなんかない、という人もいるかもしれませんね。

カフェに行ってコーヒーとスイーツを注文するときのことを考えても、味わいの相性についてまでそれほど深くは考えないかもしれません。

もちろん、クリームを多用したスイーツを食べるのであれば、ホイップクリームが入っていないコーヒーにしたり、ミルクを多用したスイーツであれば、バランスを取るためにコーヒーはブラックにする、といった配慮はあることでしょう。

せっかく美味しいコーヒーや美味しいスイーツを食べよう、というのであれば、お互いに相性のよい組み合わせを選んでいただきたいものですよね。

ただ、コーヒーの種類もスイーツの種類も数え切れないほどたくさんあるので、いちいち相性を見つけていくのは非常に大変な作業になってしまいます。

これらを組み合わせるときのポイントとなる事柄が、いくつかあります。

まず、味の方向性が似ていたり同じであるものを合わせると、それぞれが持つよさをお互いがより助長する効果が期待できます。

あるいは、これはちょっと高度な方法になるかもしれませんが、お互いにないものを補い合うというのもアリです。

つまり、甘さが強いコーヒーには、苦味や酸味が強いコーヒーを合わせたり、逆に酸味が強いコーヒーであれば、甘味や苦味が強いスイーツをあわせるのです。

このような組み合わせには、深みと奥行きが感じられます。

反対に、あまりに対照的な味は、合わせるのは避けたほうが無難でしょう。

これは、合わせる割合にもよるのですが、それぞれの良さを互いに消しあってしまうこともあるので、気をつけてくださいね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です