子どもが産まれる前にやっておいて良かったと思うこと

私たち夫婦には、現在2歳になったばかりの長男がいます。結婚して2年半ほど経ったときに妻の妊娠が分かりました。二人とも子どもは欲しいと思っていたので、とても嬉しかったですし、生まれた後の生活も毎日家族で楽しんでいます。

ここでは、自分が経験したことから、子どもが産まれる前にやっておいてよかったと思うことについてまとめてみました。

やっておいて良かったと感じているのは、強行日程、いわゆる「弾丸ツアー」のような国内・海外旅行です。結婚してすぐは若くて体力もあったので、旅費を節約したり仕事の短い休みを最大限活かしたりするために、いろいろな移動手段を使って旅行をしていました。

例えば、新婚旅行で四国からディズニーリゾートに行きましたが、時間と旅費の節約になると考えて、夜行バスで直接行ったりしました。また、片道4?5時間のドライブで旅先に向かうこともありました。小さな子どもがいたら考えられない移動方法だと、今になって思います。

また、ハワイに行ったときも仕事の休みがあまり取れなかったので、3泊5日の日程でした。片道8時間以上、エコノミークラスでの移動や時差などを考えても、子ども連れではなかなか厳しい日程だったと思います。

でも、大人二人なら全く問題ありませんでしたし、大変だったというよりもその道中も楽しかったという印象が強く残っています。

レストランやカフェ、居酒屋などでの外食も、夫婦揃って大好きでしたので、共働きしていた時期などは頻繁に外食していました。記念日などには、少し高級な、雰囲気の良いレストランを予約して、美味しいお酒とコースメニューを楽しんだりしていました。

子どもが産まれた後に、二人とも気に入っていたフレンチレストランを予約しようとしたところ、「小学生以下のお子様はお断りしています」と言われ、残念に思いました。お店の雰囲気からすれば当然なので、仕方ないことですが、しばらく行くことができなくなりました。

このように、子どもが産まれる前に夫婦二人の時間を大切にして、楽しい思い出をいろいろ作っておくことは大切だと思います。もちろん、家族が増えてからも楽しい思い出はますます増えています。これからも家族仲良く過ごしていきたいです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です