居心地の良い場所は空間デザインから生まれる

誰でも自分のお気に入りの部屋やお気に入りのカフェなど、居心地がよいと感じる場所があります。沢山の人に居心地がよいと感じてもらうためにはどうすれば良いのか、そういったことを考えるのが空間デザインです。

例えば家を建てる場合、建築家が構造から家を考えるのに対して、空間デザイナーは「居心地のいい暮らし方」から家を考えます。空間デザインは、仕事としては内装を設計するということが主です。イメージする内装に必要な構造も考えなくてはならない時もあるので、空間デザイナーはインテリアコーディネーターや建築士の資格を持っていることが多いです。きちんと考えられた空間デザインは人々の気持ちを変えることができるので、お店や飲食店、オフィスなどから多くのニーズがあります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です