敢えて、こんな「カフェ」はいかが?

今では至る所に「カフェ」はありますが、似たようなお店が多いように感じます。

そんな中で、少し風変わりな「カフェ」があっても良いのではないでしょうか。

例えば「缶詰め」「駄菓子」「インスタントやレトルト食品」「市販の清涼飲料水」などを提供するお店があったら面白いと思いませんか。

そこで「缶詰め」ですけど、以前にいろいろな種類の缶詰めが楽しめる居酒屋があると聞いた事があります。

お店にとって、こんな便利な食材はないでしょう。

そのままで出すか、温めるだけで良いのですから。

最近の缶詰めは手頃な物から、高級な物まで種類が豊富です。

そこで、盛り付けを工夫すると、缶詰めを使った「カフェ」でも成り立つのではないでしょうか。

次に「駄菓子」ですが、「駄菓子」と言えば幼い頃10円を握りしめて友達と走ったことを思い出します。

大人になった今でも、それに似たお菓子を食べる機会があると懐かしくなります。

同じ「駄菓子」でも昔ながらの物から、最近発売された物まであります。

「駄菓子」は子供さんに喜んでもらえるので、家族連れのお客さんに向いているでしょう。

そして、「インスタント食品やレトルト食品」ですけど、これだと光熱費や人件費が抑えられるので、低価格で提供できますね。

今時の「インスタント食品やレトルト食品」は「缶詰め」と同様にたくさんの商品があります。

その上、美味しく味も豊富なので、お客さんは「インスタント食品やレトルト食品」とわからないかもしれませんね。

最後に「市販の清涼飲料水」ですが、次々に新しいものが出ています。

さまざまな好みにあうように、珍しいものが沢山あります。

また、アルコール類は、お客さんに出す時にシエイクをする必要がなく、注ぐだけのものがあり簡単です。

これらを利用すると、なんだか私でも経営することができそうな気がしてきました。

後は店の雰囲気作りにこだわり、「癒されるカフェ」を目指すと、お客さんに楽しく過ごしていただけるのではないでしょうか。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です