日本のカフェの風景

私は気軽にコーヒーを飲むためにカフェに行きます。

カフェはセルフサービスが多く、あまり気兼ねすることはありません、

店によっては、コーヒーが紙コップに入って出てきます。

それから、穴の開いたフタをしたカップが出ますが、私はこれは苦手です。

市街地には、カフェがたくさんあります。

その一方で、昔ながらの喫茶店は減りつつあります。

朝は苦めのエスプレッソ、口の中が引き締まります。

朝食にサンドイッチなどを食べながら、じっくりと味わいましょう。

昼からは工夫したコーヒー各種があります。

どれにしようか迷います。

結局いつの時間もブレンドかエスプレッソです。

市街地には様々なカフェがあります。

駅前に数件、デパートの近くに数件などです。

ヨーロッパのカフェは外に椅子とテーブルがありますが、日本でも多くの店が外に椅子とテーブルがあります。

夏は外の風で涼みながらアイスコーヒーも良いでしょう。

日本のカフェはアメリカ風の建築です。

内装もアメリカとほぼ同じです。

アメリカの会社がやっているので、そういう感じの店になるのでしょう。

昔から駅のすぐ近くには喫茶店があり、列車待ちの間にコーヒーを飲みながら時間をつぶしていたものでした。

今は駅前のカフェが、その役割を果たしています。

現在のカフェは、ベーグルやケーキなどの菓子・軽食類などで人気を得ています。

コーヒーにあう菓子・軽食は需要が高く、何を食べるか迷うほどです。

店によってはパスタなどもあります。

夜のメニューは、ピザなどとビールやワインという店も多いです。

今は猫を連れて行ってかわいがる「猫カフェ」、メイド服のウェイトレスが接待する「メイドカフェ」も人気です。

メイドカフェは東京の秋葉原や大阪の日本橋、名古屋の大須などに多く、独特の雰囲気を、かもし出しています。

インターネットができる「ネットカフェ」が大きな駅の近くにたくさんあります。

こういうところはネットより夜の宿泊に利用されます。

町中にいろいろあるカフェ、おいしいコーヒーを飲みながら時間を過ごすのも良いですね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です