玄米茶について

玄米茶は、番茶を強い火により加熱したものに、

蒸したあとキツネ色になるまで炒った玄米

(あるいはポップコーンのようにはじけた玄米)を

およそ1:1の割合で混ぜたものです。

その由来は、戦前にまでさかのぼります。

ある茶商が、鏡開きのときに出るお餅のくずを何かに利用できないかと考え

これを炒って、お茶の葉に混ぜてみたことから始まるそうです。

その味は煎茶や番茶のあっさりサッパリした風味がありながらも、

炒られた玄米の高い香ばしさが味わえる、魅力のお茶です。

決して高級なお茶ではなく、ほうじ茶や番茶などと同じクラスに

分類されるでしょう。

ただ、ペットボトルで販売されていたりと、

人気があり広く親しまれています。

これには、はと麦や大麦なども加えられているそうです。

自宅で淹れるときは、沸騰した、約100度のお湯を

使いましょう。

また、急須にお湯を入れたら、比較的短時間で湯のみに

注ぐのが大事です。

あまり時間をおいてしまうと、渋みのもとタンニンが

流れ出てきてしまいますよ。

玄米茶の味のキーを握っているのは、むしろ玄米にあると

いえるでしょう。

はじけた玄米よりも、キツネ色に炒られた玄米のほうが

より豊かで香ばしい風味を持っているといわれています。

店頭で買い求めるときは、その玄米の内容をチェックすると

良いでしょう。

玄米茶は、煎茶あるいは番茶に玄米が混ぜられていることから、

カフェインの含有量が少ないため、子供からお年寄りまで

安心して飲むことが出来るお茶でもあります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です