知って納得!エスプレッソ豆知識

ふだん、カフェや喫茶店、コーヒーショップなどに行ったら、あなたはどんなコーヒーをオーダーしますか??

ブレンドコーヒー、いわゆるアメリカンを注文する方が多いかもしれませんね。

女性ならばカプチーノやカフェオレの人気も高いですし、アメリカ系の大手コーヒーチェーン店であればさらに選択肢は増えるでしょう。

カフェオレ、カプチーノ、マキアートなどさまざまなコーヒーがありますが、そのどれもが「エスプレッソ」をベースにしていることをご存知でしょうか?

ふだん、日常的にエスプレッソを飲んでいる日本人はそれほど多くないかもしれません。

エスプレッソは量が少ないし濃くてカフェインも多そう・・・なんていうイメージを持っている人もいるかもしれませんが、これは間違いです。

少なくとも、カフェインはふつうのコーヒーよりも少ないと言われています。

また、実際に飲んでみると、苦味や渋みが少なくマイルドな口当たりで想像以上に飲みやすいことに驚くのではないでしょうか?

なぜエスプレッソが濃厚で深いコクがあるのか、それはエスプレッソの抽出方法にあります。

エスプレッソマシーンによって圧力をかけ、短い時間で瞬間的に抽出するため、ふつうのドリップコーヒーよりも溶け出す成分の量が同じお湯の量でも多くなるのです。

カフェインが少ないというのも、エスプレッソ用の深入り豆は一瞬の揮発の際に揮発し、溶け出す時間もないのです。

エスプレッソは、酸味が少なく、苦味が少ない深煎り豆を使用し、エスプレッソ専用の豆というものはありません。

短い時間で成分が溶け出すように、深煎り豆を極細挽きにして淹れるのが一般的な方法です。

エスプレッソの抽出方法ですが、やはり専用のエスプレッソマシンが最も美味しく抽出できるかもしれません。

クレマを出すには高圧が必要ですが、直火による抽出方法ではこれが難しいのです。

このようにして作るエスプレッソですが、その濃さによってちがったコーヒーメニューにもなります。

ルンゴ、ドッピオなど、エスプレッソの濃淡がちがうものが出来上がります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です