空間デザイナーの資格を取って就職を

建築やインテリア、部屋の模様替えなどが好きで、空間デザイナーを目指したい人も多いと思います。

しかし、空間デザイナーといっても、いまいちピンとこない人が多いと思います。

空間デザイナーになるためには、どこで何を習えばよいかわからないという人も多いと思います。

建築士の資格を取っただけでは、空間デザイナーとしては活躍できるわけではないのです。

まず、デザイナーにとって大切なのは「創造力」です。

次に、創造力を深めるために聞き、話すことが必要です。表現能力、コミュニケーション能力が必要です。

さらには、デザインについて議論をすること、作品の裏づけとなる理論やデザインの歴史の習得は重要です。

住空間という三次元空間をデザインするのが空間デザイナーです。

街でうわさのカフェや古民家風の居酒屋など、高いデザイン能力が確かめられる仕事です。

木目と白を基調とし、シンプルでカジュアルな内装で、昼は大きな開口部から太陽光が差し込み、夜は照明に包まれ落ち着く空間……

など、カフェとしてよいデザインのプランを企画し設計施工することのような技術は重要です。

飲食店などの施工管理業務を行う仕事が一番のやりがいです。

異文化からでも十分参入できます。

デザインの能力をうまく引き出せれば、誰でも就職できるといっても過言ではありません。

逆に、異文化の経験をうまく利用して、デザインができる面もあるといえます。

店舗やアーケードなどの商業空間や一般住宅の空間などをどのように使うかがデザイナーの技術です。

商業空間なら、買い物をはじめ通行する人の感覚をどのように受け止めるかが一番重要な部分です。

売り場の構成、商品のディスプレイなどは空間デザイナーの技術が一番出てくる場面といえましょう。

生活空間の場合は、そこで生活する人がどのように快適に生活するかを考える必要があります。

いかにそこの場を利用する人が快適さを追求できるかが空間デザイナーとしての技量が発揮できる場面といえましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です