美味しいコーヒーを見つけるために

一口でコーヒーといっても、その味わい、香りは千差万別で、この世にひとつとして同じコーヒーは存在しないといってもいいくらいですよね。

それは、コーヒー豆が植物であり農産物であるので、その栽培地域の気候風土などの生育条件や生産方法などによって品質に違いが出てくるのと、さらに焙煎方法や焙煎の度合い、そして挽き方やその細かさ、淹れ方などすべてがコーヒーの味に影響を与えるからなのです。

ですので、カフェや喫茶店などで美味しいコーヒー、自分好みの味に出会ったらそれは貴重な出会いといえそうですね。

つまり、たとえそのカフェで同じコーヒーをもう一度注文したとしても、同じ味にはもう二度と出会えないかもしれないということです。

ただこれは、厳密に言えば、という意味であって、同じコーヒーを頼めば基本的には同じ味わいのコーヒーを飲むことは出来ます。

自分が美味しいなと感じる味、自分好みなコーヒーに出会うためには、やはりはじめに自分の好みというものを知っておく必要があります。

自分の好みの味を知るには、やはりある程度の数のコーヒーを飲んでいかなければなりません。

といっても、行く先々、カフェやコーヒーショップや喫茶店、はたまた友人宅に招かれたときなど、美味しいなと感じるコーヒーを飲む機会があったら、どこの産地の豆なのか、どこで購入したのか、などを聞いてメモしておけばよいでしょう。

それがもし、そのお店のオリジナルブレンドであれば、聞ける範囲で、どんなブレンドなのか、そしてどんな味のイメージでブレンドされているのか、などを尋ねてみるのがおススメです。

親切な店員さんであれば話してくれますし、そのほかにもコーヒーについていろいろ教えてくれるかもしれません。

また、コーヒー専門店で、さまざまな種類の豆を同時に飲み比べることが可能ならば、そういった機会を利用するのはおススメです。

やはり、飲んだ味というのは時間がたつとどうしても忘れてしまうものです。

少量ずつの飲み比べは、自分の好みを知るための近道といえるでしょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です