自分に合うコーヒーを探そう

日曜日の午後、近くの喫茶店(以下、カフェと言います。)に行きました。

「クリームソーダ、チョコパフェください。」

カフェは、名の由来通り、コーヒーを飲むとろではありませんか。

そこまで、型にはまる事はないですが、コーヒーを飲みながら語らうところに、カフェの良さを感じるのです。

カフェに、入った時のコーヒーの匂いは良いですね。

ところで、主役のコーヒーについて、どの程度知っていますか。

コーヒーの味、入れ方や飲み方など、コーヒー通に言わせれば、奥が深いと言っています。

世界各国で飲まれている現状からして、奥が深いのは事実であろうと思います。

コーヒーの種類は、どのくらいあるのと聞かれます。

ぱっと、頭に浮かぶのが、モカ、キリマンジャロ、コロンビア、ガテマラ、ブレンドしか、出てきませんね。

あなたは、強い酸味派、弱い酸味派、中性派、弱い苦味派、強い苦味派ですか。

と聞かれたら。

なんで、このような事を聞くかというと、これにより、コーヒーの種類を選択できるからです。

自分は、どのような味が好きなのか、分からない方は、酸味・苦味・中性のどの味が良いか、代表的なコーヒーを飲み比べても良いですね。

コーヒー豆を選択できることで、自分の好みのコーヒーを見つけられます。

例えば、強い酸味があるコーヒーを好きな人は、コロンビア(スーパーグリーン)、キリマンジャロA、A(アデラ)、モカ(ハラー)などから選択できます。

このように、ちょっと調べることで、自分好みのコーヒーに出会えます。

コーヒーの入れ方はと聞かれたら、ドリップとサイホンしか頭に浮かんできません。

「丁寧に」と言っても相手にされません。

コーヒーの入れ方にも、10種類ほどあります。

例えば、よく使います、ペーパーフィルター式でおいしいコーヒーを入れるにはどうしますか。

おいしいコーヒーを入れるためには、ちょっとした事ですが守らなければいけないことがあります。

蒸らしだそうです。

初めに、少量のお湯を、そっと乗せるように注ぎ、粉全体に均一にお湯を含ませてから、20秒そのままにして蒸らします。

おいしいコーヒーを飲むための大切な知恵です。

この知恵と手間を大事にすることで、おいしいコーヒーが飲めるのです。

このように手間はかかりますが、自分の味を自分で見つけることですね。

おいしい自分の好みに合ったコーヒーを見つけたら、それを飲ませてくれるカフェを見つけましょう。

そして、コーヒーによる楽しいひと時をカフェで過しましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です