話しにくいことを上手に恋人に伝える方法

恋人に言わなければいけないことがあって、少し話しにくいと感じる場合、「どうやって話を切り出そうか」と悩んでしまったり、結局伝えられずじまいになってしまうことが多いかもしれません。

でも、話しにくいからといって避けて通っていたのでは、思いもよらないタイミングで伝えることになってかえって気まずくなってしまうという可能性があります。話しにくいことを上手に恋人に伝えるためには、どんなポイントに気をつければ良いでしょうか。

まず、メールやメッセージ、電話に頼り過ぎず、きちんと顔を合わせたときに話すようにしましょう。「直接言いにくいからメールで伝えよう」と考えたくなるかもしれませんが、恋人からすると「どうしてこんなデリケートで大切なことをメールで伝えてくるんだろう」と考えて、かえって不信感を持たせてしまいかねません。

大切なことは直接会って話す、というパターンを作っておくことは、今後のお付き合いをスムーズに進めるためにも必要不可欠なポイントです。穏やかさと落ち着きを忘れなければ、恋人は多少驚いたとしても、きちんとあなたの話を受け止めてくれるでしょう。

また、食事をしながら、もしくはお茶をしながら話すこともできます。ビジネスの世界には「パワーランチ」があり、重要な商談や契約の際に一緒に食事をすることがあります。美味しいものを食べているときは、ほとんどの人がリラックスして幸せな気分になるので、良い雰囲気の中で商談を進めることができるようです。

これを、恋人と重要な話をする場合にも応用できます。雰囲気が良くて、二人でゆっくりと落ち着いて話し合えるようなレストランやカフェを選び、おいしい料理やスイーツを楽しみながら、伝えたかったことを切り出すタイミングを見計らうことができるでしょう。

恋人が疲れていてストレスを感じていたりするときに、話しにくいことを切り出さないように気をつけましょう。ただでさえ心が波だっているときに、さらに動揺させることがないように注意してください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です