違いが知りたい!コーヒーの種類いろいろ

カフェや喫茶店、そして最近主流になりつつある大手のコーヒーショップのチェーン店などに入って注文しようと思うと、コーヒーの種類の多さに驚くことがあるかもしれません。

コーヒー通の方であれば、ここで自分好みのものをスムーズに注文することができますが、

そうでなければ迷ってしまうものです。そこで、どこのお店でも見られる、コーヒーの名前とその特徴、それぞれの違いについてちょっと見てみましょう。

まず、エスプレッソは、コーヒーの一種で、イタリアではコーヒーといえば自動的にエスプレッソが出されます。

イタリア、フランスではもっとも一般的なコーヒーです。

豆を強く焙煎することでカフェインは揮発しており、抽出時間も短いのでふつうのドリップコーヒーよりも意外ですがカフェインの含有量が少ないという特徴があります。

また、エスプレッソは他のいろいろな飲み物のベースに用いられる、基本のコーヒーでもあります。

例えば、カフェオレやカプチーノ、カフェラテなどです。

カフェラテは、Caffe latteと表記するイタリア語で、カフェと牛乳という意味です。

イタリア語でカフェというのはエスプレッソなので、エスプレッソと牛乳を合わせたものがカフェラテです。

日本においても、カフェラテにはエスプレッソを用いており、カフェラテとは違うものとなっています。

注意したいのが、大手コーヒーショップでのカフェラテです。これらの店ではミルクとしてスチームミルクを用いたものをカフェラテと読んでいますが、これはアメリカ式の呼び方なのです。これと同じものはイタリアではカプチーノに分類されるものです。

カプチーノは、エスプレッソをベースにして、ホットミルクと、さらにクリーム状になるまで泡立てた牛乳を加えたものを指しています。仕上げにお好みで、ココアパウダーあるいはシナモンパウダーをふりかけます。

ちなみに、カプチーノの表面にバリスタが文字やイラストを描くことがありますが、これを日本ではラテアートといいます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です