酸味がおいしいコーヒーの知識

コーヒーには、さまざまな味わいのものがあります。

一般的な味わいとしては、酸味、甘味、苦味に大きく分けられます。

これらは、好みによりますが、これらの要素がバランスよく備わったコーヒーは、やはり多くの人に美味しいと感じられるようです。

たまに、酸味が強烈なコーヒーに出会うことがあります。

酸味が強すぎると、すっぱいコーヒーというイメージが持たれ、胃もたれを引き起こすこともあります。

極端な酸味を持つコーヒーは、コーヒー豆の鮮度が低いことが多いということです。

つまり、豆が酸化してしまっているのです。

なぜ豆が酸化してしまうのか。さまざまな原因があります。

豆の時点で酸化してしまうこともありますが、最も酸化の可能性が高いのが、粉の状態になったあとです。

コーヒー豆は、粉砕をした瞬間から酸化が始まっているのです。

真空パック詰めされているコーヒーの粉末でも、酸化は少しずつ進行しているそうです。

バイキングやファミレスのドリンクバーなどでは、致し方ない面もあるかもしれませんが、できれば新鮮な豆で淹れたコーヒーを飲みたいですよね。

コーヒーにこだわるカフェなどではあり得ないことではあるはずなので、それほど不安に思う必要もありません。

スーパーなどで売られている、すでに挽かれている豆は、値段が求めやすくはありますが酸化している可能性はあります。

また、スーパーで売られている豆を自宅で挽いて飲む場合も、その豆自身が既に酸化している可能性はありますね。

そういう意味ではコーヒー専門店で扱っている豆は酸化の度合いが少ないといえます。

専門店で買った豆を、自宅で飲む度に挽いて淹れるのが、もっとも新鮮な豆を味わえるといえそうです。

新鮮で質の良いコーヒー豆を浅めに焙煎して淹れたコーヒーの味わいは、その酸味も含めてとても美味しいものです。

もちろん、胃がむかむかするようなこともありません。

今度、コーヒー豆を買おうと思うときには、ぜひ参考にして、ぜひ新鮮な豆そのものの味を感じてください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です