韓国のおしゃれカフェ通り「カペリコ」

韓国で今、カフェブームが起こっているそうです。

日本からの旅行者が多い場所でもある釜山が中心になります。

よく旅行されている方なら、納得されるかもしれませんね。

でも、私はその数字に驚かされました。

韓国の民間調査機関によると、コーヒー専門店は、7年位前に比べなんと6倍以上になるというのです!

特にカフェ通りと称して集中しているのは、繁華街から少し離れた、小さな工場や工具店が集まるような場所です。

そこの電柱には「カペコリ(カフェ通りの意味)」が貼られ、通りにはコーヒー型の電灯が設置されるというほどの力の入れようです。

ここ1~2年で一気に店が増え、個人の経営のオシャレなカフェが30店舗近くひしめきあっているといいます。

なぜこれほどコーヒー専門のカフェが、韓国で大盛況なのでしょうか。

それは、個人が起業をしようとする意識が高いお国柄が関係しているようです。

加えて、コーヒーは原価率が低い為、起業しやすいという利点があるからです。

とはいえ、激戦区での個人経営は営業スタイルをアピールするのに必死でしょう。

自家焙煎にこだわる店や、コーヒーと共に提供されるスイーツに力を入れる店、アンティークな食器や雑貨に工夫する店など、さまざまに特色がありそうです。

何故、一気に店が増えたかと言う理由ですが、コーヒーを飲む食文化に韓国が変わりつつあるからです。

しかし、いつの時代でもブームは、良い時はいいのですが、何時消えるかもしれないから、店のオーナー達は不安ではないかと思います。

店舗の対応や接客マナーが悪ければ、それが悪評につながることになり、信用問題になります。

それで、コーヒーの味はもちろんのこと、接客態度が重要になってきます。

客から見れば、カフェは誰でも気軽に入れ、安価でコーヒーが飲める店が一番です。

せっかく息抜きの為や、おいしいコーヒーが飲みたいと思っても、良い空間の店でなかったらがっかりします。

カフェにこだわる世界中の人々は、私を含め本当にコーヒーをこよなく愛しています。

今度韓国旅行をした際には、このおしゃれカフェ通り「カペリコ」で、お気に入りのカフェを探してみようかしら。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です