驚きのマリアージュ!コーヒーとスイーツの組み合わせ

よく、ワインではマリアージュという言葉が良く聞かれますね。

ワインと、チーズをはじめとするさまざまなおつまみや食べ物との相性のことです。

ワインは、それ単品でもじゅうぶんに個性豊かな味わいを持っていますが、何か食べ物と合わせることで、さらに違った、ときに全く新しい味の世界を見せてくれることがあります。

コーヒーは、ワインに比べてマリアージュという概念はあまり聞かれません。

でも、ワインと同様に、一緒に食べるものとの相性のよしあしというものは確実に存在しています。

コーヒーにはさまざまな種類がありますから、カフェに行ってコーヒーと何かのスイーツを頼みたいという場合には、ちょっとその相性について考えてみるのは楽しいですよ。

一般に、相性が良いのは味の方向性が似ているもの同士です。

また、お互いの味を補い合うような組み合わせも、初心者にはちょっと高度かもしれませんが、うまくいけばひじょうによい相性が生まれるものです。

例えば、苦味が強いコーヒーには甘さが強い焼き菓子を合わせる、などです。

ふだん良く飲むコーヒーの種類はさまざまですが、これらを濃厚度で分類していくと、相性のよいスイーツがわかりやすくなるかもしれません。

例えば、アメリカンコーヒーや、ストレートのコーヒーは一般的に薄めです。

これらには、バゲットやベーグル、スイーツではヨーグルト、ゼリーやフルーツ系のケーキなどのさっぱりしたものとよく合うでしょう。

ブレンドコーヒーやカフェオレになると、やや濃くなりますので、パンであればデニッシュ類やクロワッサン、サンドウィッチ、スイーツではクッキーやマドレーヌ、チーズケーキとの相性が良いでしょう。

カフェラッテやカプチーノは、エスプレッソがベースになっているぶん濃厚なので、パンでは惣菜パンやカステラ、マフィンなど、スイーツではシュークリームやミルフィーユなどのクリーム系との相性が良いですよ。

エスプレッソやカフェモカなどは最も濃厚な部類のコーヒーですが、パンであればあんぱんやピザなど、スイーツはチョコレートを使ったものやようかんなどとの相性が良いです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です