眠気覚ましのドリンクにも配合されている成分

あなたはコーヒー派、それとも紅茶派ですか?

どちらも広く愛されている飲料ですよね。

コーヒーと紅茶の共通点のひとつには「カフェイン」を

含んでいる、というのがありますよね。

カフェインには覚醒作用があることで知られており、

そのため眠気覚ましのドリンクにも配合されている成分です。

したがって夜寝る前に飲む人はいないでしょう。

カフェインの量ですが、意外なことに乾燥した茶葉や豆の状態では

紅茶で3%、コーヒーで1%未満、ということで、紅茶のほうが

多いのです。

えっ、じゃあ紅茶のほうがカフェインが多いの?!

と思われそうですが、そうではありません。

実際に淹れてみると、液体の状態では紅茶は5倍以上

薄くなるため、飲む段階ではコーヒーのカフェイン含有量よりも

かなり少なくなるということです。

体内に吸収されるカフェインの量では、コーヒーのほうが

多いのです。

実は、コーヒーに含まれるカフェインと、紅茶のそれとは

少し性質が異なっているそうなのです。

コーヒーを飲むと、カフェインは比較的そのまま体内へ吸収されますが

紅茶の場合は、飲んでからゆっくりと時間をかけて体に作用するということです。

紅茶などのお茶には20種類以上のアミノ酸が含まれていますが

そのうちのテアニンという成分とカフェインとが結合すると

カフェインが直接的に作用することがセーブされるという

ことです。

即効的な眠気覚ましの効果をねらうならコーヒー、

イライラしているときは鎮静効果のある紅茶がよさそうですね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です