紅茶が大好きな私。

紅茶といえば、私の頭に浮かぶのは、やっぱりイギリスでしょうか。

イギリスの貴族が素晴らしいドレスを着ながら、社交の場であるサロンで、紅茶を飲んでいる姿が頭に浮かんできます。

これは、ちょっと極端すぎるイメージかもしれませんね。

でも、イギリス人が紅茶をよく飲むことは、現在も変わっていませんね。

朝から紅茶を飲むのは当たり前で、一日に飲む紅茶の量がとても多いそうです。

それに、老舗の紅茶ブランドはもちろん、美味しい紅茶ブランドが目白押しです。

イギリス王室御用達になっているブランドもあります。

そんなイギリスの紅茶文化の中でも有名なのが、アフタヌーンティーと呼ばれる、午後のティータイムですね。

日本でも、ホテルやカフェなどでメニューに載っているお店も増えてきましたね。

紅茶好きの私も、友人とイギリス旅行に行った時に、このアフタヌーンティーを経験してきました。

私が行ったのは、某紅茶ブランドのアフタヌーンティーです。

まだお店はランチタイムで、アフタヌーンティーの時間よりも少し早かったのですが、お願いしたら、オーケーしてくれました。

ウェイトレスさんは、イギリスらしい、昔のメイドさんのような服を着た年配の女性の方で、まるでアガサ・クリスティの小説の中にでも入ってしまったような気分でした。

どの紅茶にしようか悩んで、一番ネーミングが高級感のあるものを頼んだら、そのウェイトレスさんが、ニコニコしながら、「それはここで一番の紅茶なのよ」と英語で教えてくれました。

しばらくすると、アフタヌーンティー専用の器で、サンドイッチ、スコーン、ケーキ、ジャム、そして主役の紅茶が運ばれてきました。

想像していたよりも量が多くて、ゆっくり2時間ぐらい過ごしてしまいました。

味はもちろん美味しいし、優雅なティータイムを過ごせて、とてもチャーミングなウェイトレスさんに会えて、大感激でした。

もちろん、帰りは紅茶をお土産に買って帰ったのは、言うまでもありません。

日本の自宅で飲んでも、高級感があって、香りも良くて、とても美味しかったです。

アフタヌーンティーは、私のイギリス旅行の一番の思い出です。

皆さんも、イギリスへ行った時は、観光の合間にアフタヌーンティーをぜひ経験して、紳士淑女になった気分で、イギリスの紅茶文化を感じてみてくださいね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です