紅茶とコーヒーのカフェイン

あなたはコーヒー派、紅茶派、どっちですか? それとも時と場合によって、両方飲むという人も 多いでしょうね。 どちらも、ほっとしたいとき、休憩のときなどに 好んで飲まれますね。 コーヒー、紅茶、その両方に「カフェイン」成分が 含まれています。 カフェインと聞くと、眠気覚ましというイメージを 持つ人も多いのではないでしょうか? このカフェインですが、コーヒーと紅茶のどちらに より多く含まれているのでしょうか。 淹れる前の、豆や茶葉には、紅茶で3%、コーヒーで1%未満の カフェインが含まれていると記載されています。 これを見ると、コーヒーの方がカフェインが少ないと思うかも しれませんが、紅茶として淹れた状態ではお湯によって 5倍以上に薄められるので、実はコーヒーよりも かなりカフェイン量は少ないのです。 つまり、コーヒーを飲んだ方が、より多量の カフェインを体内に吸収することになります。 カフェインにはさまざまな効果があり、自律神経を 昂ぶらせて、覚醒させ、眠気をなくす作用や 消化促進作用、利尿作用があると言われています。 風邪を引いたときは、お茶を飲むことで、 含まれているカフェインによって利尿効果が促進されるのです。 紅茶に含まれるカフェインとコーヒーのそれとは、 その性質が多少異なるそうです。 紅茶では、カフェインと、その他の成分のアミノ酸が 結合するため、カフェイン本来の効果が抑制されるのです。 いっぽうコーヒーでは、カフェインは比較的体に 直接的に作用するとされています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です