紅茶の利用法

使い終わったあとの茶葉、そのまま捨ててはいませんか? 実は、昔から利用されてきた、さまざまな使い道があるのです。 どんなふうに使えるのでしょうか? ちなみに、古くなってしまった茶葉でも大丈夫です! ☆ 消臭剤に 飲み終わった後の茶殻を、フライパンや鍋などで 炒って、乾かします。 乾燥したら、ガーゼにくるんで靴の中に入れてしまいます。 これは、靴の湿気とりであり、ニオイもとってくれる 消臭剤として活躍してくれます。 このとき、茶葉の色が靴に移らないような配慮は必要ですよ。 フレーバーティーの茶葉を使えば、お花や果物の香りが移って いいにおいになりますので、ポプリ感覚で、容器に入れて トイレや玄関などに置くのもいいですね。 ☆ おそうじに 茶葉を少し湿らせて、布で包みましょう。 コレでフローリングを磨けば汚れが落ちて、 またツヤも出てくるのです。 紅茶の色が移る可能性も考慮して、場所を選んで 使ってみましょうね。 ☆ リンス代わりに 紅茶に含まれるカフェインとタンニンには、髪の痛みを 改善して頭皮引き締めの効果があると言われています。 髪にツヤを与えて、つるつるに。 お茶に使った後の茶葉を用いて、煮出してその液体を使えば 無難です。 使用後であればカフェインやタンニンがある程度抜けて、 強すぎないので良いです。 ただ、人によっては体質に合わない場合もありますので、 薄い液から試してみることをオススメします。 ☆ お料理に 紅茶に含まれるタンニンによって、肉などが やわらかく煮あがると言われています。 また、臭みも消してくれるので、一度試してみてください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です