紅茶の効能

紅茶の効能 ? 紅茶は珈琲の次に人気の飲み物ですが、 紅茶には様々な効能もあることはご存知でしょうか?

紅茶はお茶と多少に通ったところもあるのは事実です。

しかし、同時に色々な種類もあります、 ダージリンティー、アッサムティーなど、 インドで採取されるものもあれば、イギリスで採取されるもの など、様々な場所から採取されます。

紅茶の効能は 抗ガン作用や、抗酸化作用があると言われています。

老化、ボケ防止 利尿作用、疲労回復、 消化促進、コレステロール低下、抗ウィルス作用 などにも効果があると言われています。

ただし、紅茶は体に良いとは言いますが、 1日に大量に飲むのはあまり良いとはいえないでしょう。

その理由として、カフェインの取りすぎがあげられます。

紅茶は珈琲よりもカフェンが強いとされています。

カフェイン作用は緩やかなのですが、 夜にたくさん飲みすぎてしまうと、胃腸が荒れる場合もあります。

なので紅茶をいただくときは、朝や、お昼、食後などにお菓子など、 何かお腹に入れながら飲むのが 良いでしょう。

夜に紅茶を飲むと眠れなくなってしまうことなどもあります。

何でも飲みすぎには注意したほうがよいかもしれません。

それでも、珈琲よりも、カフェインによる興奮作用などは少ない と言われています。

紅茶は以外にも歯にも良いとされています。

わずかながらフッ素が含まれているので、 1日1杯の紅茶が歯のエナメル質に働いて、歯を強くすると言った 利点もあるようです。

紅茶に含まれる物の多くはタンニンが含まれていて、 紅茶の色を作り出しているのもこの物質です。

カテキン類は活性酸素を抑え、 解毒作用、抗菌・抗ウィルス作用、口臭予防、風邪予防にも 効果があると言われています。

紅茶にレモンを入れて飲む方もいるとおもいますが、風邪には 効果があるようです。

みなさんもおいしい紅茶に出会うと幸せな気分になるように、 自分なりのティータイムを 楽しみたいものです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です