紅茶の専門店

紅茶をよく飲む私ですが、せいぜいダージリンやセイロン、アールグレイのような、誰もが聞いたことがあるような、有名な紅茶の種類を飲むことがほとんどです。

周囲もコーヒー派が多く、食後やカフェで紅茶を注文するのは、私だけです。

ちょっと寂しいですけど、紅茶派として、日々頑張っています。

まだまだ紅茶派として勉強が足りない私なので、いろいろ紅茶のことを学んでいる最中です。

紅茶の専門店も増え、海外の紅茶も簡単にネット通販で手に入るようになりました。

紅茶のことを知れば知るほど、興味深くなってしまいます。

それにしても、いろんな紅茶が世の中にはありますね。

これだけ多くの紅茶があると、選ぶのに迷ってしまってしまいます。

飲んでみないと好みの味や香りかどうか分からないのも、気になります。

それに、なんといっても、いろんな紅茶を飲むとなると、お金も掛かりますよね。

なんとかお金を掛けずに、普段飲んでいる紅茶を美味しく頂くためには、どんな飲み方が良いだろうかと考えて、調べてみました。

その結果、私が行き着いたのは、ロシアンティーです。

紅茶というと、イギリスの印象が強かったのですが、ロシアンティーは名前のごとく、ロシアのほうで飲まれている紅茶の飲み方です。

濃い目に紅茶を作り、それに熱いお湯を注いで自分の好きな紅茶の濃さに調整するそうです。

ジャムにウォッカを加えておいて、それをスプーンで取って、口に運びつつ、紅茶を飲むそうです。

ジャムは保存食だし、ウォッカは体が温かくなるし、寒いロシアで、特に冬場に飲むにはピッタリの飲み方だな、と納得してしまいました。

日本では、ジャムをカップに入れておいて紅茶を注ぐ作り方や、アルコールを加えないものもロシアンティーと呼んでいます。

私もアルコールは入れたり入れなかったりですが、ジャムはよく余っているので、手軽に作れて嬉しいです。

冷え性の私には、ロシアンティーは一年中楽しめそうです。

紅茶の入れ方もしっかり勉強して、美味しい紅茶を楽しみたいです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です