紅茶をさらに美味しく飲むための豆知識

基本的にコーヒー派の私ですが、日によって、もしくはそのときの気分によって、「絶対に紅茶が飲みたい!」と思うときもあります。紅茶は種類が豊富なので、茶葉によって全く違う味わいを楽しむことができ、とても奥が深い飲み物だと思います。

もちろん、普段は手軽にティーバッグを使うことがほとんどですが、そんなときでも紅茶をさらに美味しく飲むための豆知識をいくつかまとめてみましたので、参考にご覧ください。

皆さんは、紅茶をいつ飲むことが多いでしょうか?お好きな方であれば、毎日いろいろな時間帯に、何回も飲んでおられるかもしれません。

紅茶を飲むのに一番おすすめの時間帯は、朝一番です。紅茶には、カフェインがたくさん含まれているので、身体と心を目覚めさせなければならない朝に飲むと、一気にスッキリと目覚めることができるからです。

朝一番に紅茶を飲むことに慣れると、スッキリと目覚めることができるようになるだけではなく、よりいっそう紅茶の美味しさを感じられるようになると思います。

夜、なかなか寝付けないという方は、夕食後に紅茶を飲むのは控えたほうが良いでしょう。理由は上記の通り、紅茶には多量のカフェインが含まれているからです。反対に、夜遅くまで起きていなければならないときは、紅茶が効果的です。

大人であっても、必ずカフェインの影響は受けます。寝付きが悪くて悩んでおられる方は、ひとまず夕食後の紅茶をやめてみてはいかがでしょうか。

また、風邪のひき始めやのどの痛みを感じたときなどには、しょうが紅茶が効果的です。作り方は簡単で、お好みの紅茶にしょうがのすりおろしや搾り汁を混ぜるだけですので、すぐ作ることができます。

何となく風邪っぽいとか、のどが痛いというときに、早めにこのしょうが紅茶を飲むと、身体が温まりますしのどを優しく潤してくれます。お好みで、はちみつを入れて甘味をつけるのもおすすめです。

今日から役立てられる紅茶の豆知識をご紹介しました。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です