紅茶資格を取得し紅茶アドバイザーになる

紅茶資格を取得し紅茶アドバイザーになる

紅茶資格を取得しアドバイザーになればキャリアアップする事になりますので、 色々な職種でこの資格を活かす事が可能になります。

資格所得者とそうでない方の違いはキッチンやインテリアに似合った 商品を開発したり 販売するさいの説明能力に明らかな違いがあるものです。

この事から企業は紅茶アドバイザーは即戦力としての力となりえますので、 資格取得者は有利と言えます。 この資格名称を初めて聞いたかたも中にはおられると思いますが、 カフェのオーナーになる技能と知識を有しているものを証明できる 資格なのです。

カフェのオーナーを目指すのもよし、ホームパーティなどでは 資格取得者のスキルを活かし、 いつもと違う美味しい紅茶をお客様に入れる事ができる、 良い空間の演出を出来るものです。

紅茶資格を勉強して紅茶について学ぼう ? 今では様々なものに資格が作られていて、紅茶も一概ではありません。

紅茶は家庭でも飲まれるものなので、簡単にティーバッグでも入れることが 出来ます。

日本で飲まれる方法は、ストレートティー、レモンティー、ミルクティーがメイン になります。

ミルクティーに関しては、リーフからお湯を注いで、そのあとにミルクを 入れるという方法が多く見受けられます。

人によって飲み方を選べるという利点があるからです。

しかし、古くから伝わる方法では本来はミルクを先にカップに注ぐというのが 正解なのです。

カップを熱いお湯で割らないためという昔ながらの知恵がそこにはあるいうのは 面白いものです。

紅茶資格を取得したい、と考えるなら幅広い知識を吸収できる 「紅茶アドバイザー」がお薦めです。

古くからの歴史や数多くある種類を覚えることはもちろん、 紅茶の美味しい入れ方や一緒に添えるのによく合うスイーツの選択など、 相手をもてなすこともできるようになる魅力的な資格となっているのです。

基本的な知識を習得できる基本編以外にも、 資格を受ける人が将来専門店を経営する場合でも対応できる応用編など、 楽しい講座を受けることができます。

専門職として資格取得を目指してもいいですし、 就職サポートや茶葉の特価購入など、 合格することによってたくさんの特典も付くことになります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です