紅茶の種類と美味しい入れ方を知っている紅茶コーディネーターとティーインストラクター

紅茶とは、摘み取った茶葉を乾燥させて完全発酵させたものです。

紅茶にはたくさんの種類がありますが、紅茶専門店に行かなければ多数販売しているお店はありません。

販売機で市販されている紅茶といえば、「ストレートティー」「レモンティー」「ミルクティー」など、大まかな種類しか見当たらないと思います。

コーヒーなら色んな豆の種類を知っている人がいるでしょうが、紅茶葉を選別できる人にあったことがありません。

詳しく調べてみると面白い資格を見つけることができました。

「紅茶コーディネーター」は紅茶の知識と美味しい入れ方をマスターする認定資格です。

バリエーション豊富な紅茶の入れ方を学ぶことができます。

資格を取得するには「日本創芸学院」が行っている紅茶コーディネーター養成講座を受講する必要があります。

全部で6回のレポート課題をクリアして、合格修了することで取得できます。

類似のの資格に「ティーインストラクター」があり、こちらは日本紅茶協会が認定する資格です。

ティーインストラクターは、日本国内の紅茶に関する資格では最も信頼できる言われています。

紅茶に関する資格は正式な決まりがなく、趣味の範囲で行うことが通常なので必須になることはありません。

紅茶の基礎と美味しい入れ方を学習したい人には向いている資格です。

紅茶の種類は名前と生産地で分けられてきているので、年々、増加していうるようです。

「ゴールデンティップ」や「シルバーティップ」などは高級なイメージが強いです。

しかし、これは茶樹の新芽に関連した名称で、必ずしも高価なものというわけではありません。

紅茶を楽しむならば断然、ストレートで注ぐ「ダージリン紅茶」がオススメです。

淡い色合いで、何と言っても紅茶独特の良い香りが広がります。

紅茶をティーカップに注いだら、しばらく香りを楽しんでから飲むようにしています。

カフェブームのおかげで、日本全国にカフェ店が急増したので、品質の良いものを選ぶお店が増えてきました。

カフェで飲む紅茶も良いものが揃っているので、各お店を飲み比べてみるのもいいかもしれません。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です