紅茶を見直してみよう

コーヒーが好きな人が増えていますが、最近は紅茶にも注目が集まってきています。

それは、紅茶の効能、すなわち健康に良いことが、見直されてきているからです。

紅茶の産地中国では、「不老長寿の霊薬」として、消費大国のイギリスでは「万能に効く東洋の秘薬」と言われていました。

それほど、紅茶には、身体に良いとされている点があるのです。

紅茶には身体に悪いとされる、活性酵素を取り除くという効果があります。

活性酸素が増えると、生活習慣病、お肌のトラブルを引き起こします。

紅茶に含まれる“テラフラビン”や“紅茶フラボノイド”はこの活性酸素を除去する働きかけをしてくれるのです。

また、この2つの成分には、殺菌作用があります。

インフルエンザや風邪のウイルスの活性から身を守り、感染を防ぐ効果があります。

紅茶でうがいすることは、風邪知らずの健康なづくりに、大変効果があると言われています。

さらに、その殺菌力は、虫歯にも効果を発揮すると言われていますので、紅茶うがいは一石二鳥です。

美容の面でも、紅茶はダイエットに効果を発揮します。

“紅茶カテキン”は糖分分解酵素があります。

“カフェイン”には、脂肪燃焼促進の効果があると言われています。

ダブルの効能で、運動時に紅茶を飲むと、ダイエットに良いとされているのです。

そんな、健康にも美容にも良いと、見直されている紅茶です。

さらにはリラックス効果があり、心にも良い!ということで、美味しく飲みたいですね。

家で紅茶を美味しく淹れるため、まず用意したいたいのは、ポットです。

紅茶専用のティーポットを準備しましょう。

紅茶は、お湯の中で“ジャンピング”といって葉が泳ぐと、美味しさがより抽出出来ると言われています。

ポットの中で、紅茶の葉が泳げるような空間作りのため、紅茶ポットは丸い形をしているのです。

5分ほど蒸らしたら茶こしでこして、出来上がりです。

紅茶を入れるときは、気持ちも寄り添ってあげて、丁寧に淹れることが大切です。

美味しく淹れた紅茶で、ゆったりとしたティータイムを楽しみたいものです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です