紅茶タイムには

皆さんは紅茶を飲む時に、一緒になにかお菓子を食べますか。

そのまま、気分転換でストレートに飲む方もたくさんいるでしょう。

でも、ほんの少しお菓子を添えてみたらどうでしょうか、気分がさらに変わると思いますよ。

イギリスでは一般的に食べられる物があります。

それは、スコーンです。

イギリスでは、ティータイムにジャムを付けたスコーンが用意されています。

最近、日本でもパン屋に入ると必ずと言って良いほど、スコーンがあります。

消費が増えたようです。

私が幼かった頃には、そんな洒落たお菓子は有りませんでした。

あっても硬いビスケットでした。

クッキーやビスケットも紅茶のお供には最高ですが、スコーンはワンランク上を行きます。

スコーンは小麦粉とベーキングパウダーを使った焼き菓子です。

皆さんご存じとは思いますが、その食感はサクサクと香ばしく、塩味と、甘い風味が見事にマッチしていて、それは美味しいお菓子です。

ミルクティーにも合いますし、無糖の紅茶にも合います。

本場のイギリスでは、朝食にも取り入れられています。

ただ、やはり紅茶党の私には、ティータイムにいただくのがお勧めです。

先日、いつも買い物するパン屋さんで、おなかが空いていたのかまとめて大量買いをしてしまいました。

賞味期限が気になりましたが、それに追いついてきちんと食べてしまいました。

紅茶には、コーヒーと同様に、カフェインが入っています。

実際、飲む量にもよるのでしょうが、一般的に言われるようにカフェインは紅茶が低いそうです。

気分を変えたい、スッキリしたいと思ったら紅茶タイムにしましょう。

紅茶は不思議な飲み物です。

紅の茶と書いて紅茶とかきます。

甘い淡い色の素敵な雰囲気をかもし出しています。

ホット一息つきたい時にピッタリだと思います。

紅茶をいれたらお菓子をそえると良いでしょう。

リッチな気分が味わえます。

その時にスコーンも一緒にあわせて、リフレッシュタイムをお楽しみください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です