紅茶フラボノイドやテアフラビンは、肌のトラブルや生活習慣病を除去する効果

紅茶フラボノイドやテアフラビンは、肌のトラブルや生活習慣病の原因となる活性酸素を除去する効果があります。

美肌と健康を維持するために紅茶は適しています。

「脳卒中の予防と高血圧制御の効果あり!」

お茶に含まれるカテキンが、脳卒中を抑える効果があるとの研究結果が出され、塩分を多く取る日本人は血圧が上がりやすいので、高血圧予防にも効果があるのは嬉しい限りです。

「ミネラル成分とビタミンの補給もできます!」

多く含まれているミネラル成分の他に、カリウム・ビタミンB1・ビタミンB2も含み、新陳代謝の改善や、肌荒れの制御、ストレス解消にも役立ちます。

「食中毒の改善に効果的!!」

食べ物に含まれる雑菌が繁殖すると、腹痛を起こすことがあります。

免疫のあるなしに関係なく中毒症状が出るので、夏場の生物は特に気をつけなければいけません。

紅茶にはこのような雑菌の増殖を抑える効果があると研究結果で解明されています。

コレラ菌、O157などの殺菌効果に期待が持たれています。

「ガンを抑制することができる?」

ガン発生率の80%は生活習慣によるものと言われています。

ガンも多種ありますが、ある種のガンを予防する効果があることが解明されています。

紅茶に含まれているポリフェノールが、ガン細胞が血管に接着するのを防ぐ効果が動物実験により解明されています。

「ダイエット効果も期待できる?」

コーヒーに入っているカフェインが、紅茶にも含まれています。

カフェインは、覚醒作用の他に脂肪の燃焼にも非常に効果的です。

血中の中性脂肪も抑制してくれるので、気軽にダイエットを始めたい方は、紅茶を試してみるのも良いかもしれません。

「アレルギー疾患を予防しましょう」

風邪をひいてしまうと様々な症状に影響を及ぼします。

インフルエンザに感染する前に、体調を改善しなければなりません。

紅茶に含まれるテラフラビンは、ウィルスの増殖を抑える働きがあるので、毎日の飲用をお勧めします。

花粉症鼻炎や、アトピーにも効果があると言われています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です