「ハーブティーを楽しみましょう」

ハーブという言葉で皆さんは何を思い浮かべますか?私はハーブの種類が思い浮かびます。ミントやラベンダー、ローズマリー、タイムなど、ハーブにはたくさんの種類があります。

それと同時にハーブには様々な効能や活用法もありますね。ハーブティーはリラックス効果や鼻の通りをよくしてくれるなどの効果があります。皆さんもご存知だと思います。また、料理などの付け合せに出てくるパセリもハーブの一種なんです。パスタなどのイタリアン料理にハーブがよく使われています。

ハーブはお店でハーブティーとして楽しむこともできます。ですが、最近は家庭菜園の影響で自家製のハーブを育てることができます。収穫したハーブを楽しむには、手軽なハーブティーがいいのではないでしょうか?一般的にハーブティーによく使われているのは、カモミールやペパーミントだと思います。

お茶を飲む時は、急須に茶葉を多めに入れると思います。しかし、ハーブティーを作る時は小さじ一杯程度で大丈夫です。次は、しっかりとハーブを煮出します。この時に注意することとして、ハーブは香りがとても大切です。香りを逃がさないようにしましょう。5分ほどおいたら飲みごろです。ただし、ハーブの種類によって時間は変わってくるので調整をしてください。

ハーブティーは香りが強いのが特徴です。しかし、そのまま飲むと抵抗を感じる人もいると思います。そこで、少し牛乳を加えてミルクティーなどにして飲んでみると徐々に慣れていくと思います。また、紅茶は好きだという方はハーブティーに紅茶を入れてみてはどうでしょうか?飲みやすくなるかもしれません。

ハーブティーは、夜に飲んでも効果があります。カモミールなどのハーブティーを夜に飲むと、リラックス効果や寝つきが良くなると言われています。理由は、興奮作用のあるカフェインが入っていないからです。

皆さんも、寝る前のひと時やお好みの飲み方を見つけたりして、ハーブティーを楽しんではいかかがでしょうか?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です