お茶の成分カフェイン

カフェインといえば、まず思い浮かべるのがコーヒーではないでしょうか。 コーヒーのほかにも紅茶、そしてお茶にも含まれています。 そして、コーラにも含まれています。 勉強の合間や仕事の休憩時にカフェインを採れば頭がスッキリするとされています。 眠気覚ましにもなります。 受験勉強や、昼食後の会議などの強い味方ですよね^^ お茶の苦味には、このカフェインが関係しているそうです。 それぞれの飲料によってその含有量がちがいます。 一番多いのは、やはりコーヒー(ドリップ)で、150mlあたり 60~80mgです。 次に紅茶で、150mlあたり28~44mg。 そして緑茶の26~30mg、コーラ飲料の15~24mgと続きます。 カテキンと違い、一番茶、二番茶での量にそれほどの違いはありません。 が、カテキン同様、若い芽の含有量は多く、成熟するほど減少傾向が 見られます。 また、高温での焙煎が必要なお茶は、カフェインの昇華により量は少なくなります。 カフェインには、覚醒作用や利尿作用があります。 脳の中枢神経に作用し興奮させるために眠気を防いだり 覚ましてくれます。 また、カフェイン摂取後の適度な運動では、エネルギー源として 筋肉中にある栄養源であるブドウ糖よりも脂肪を利用する作用があることから 持久力の向上が期待できます。 そして、カフェインはアルコールの代謝を高めるために、 お茶は二日酔いに効果があると言われています。 カフェインは、摂りすぎに注意して、上手にその効果を 活用したいですね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です