こんな気持ち安らぐ日本茶カフェがあればいいな

カフェと聞いたら、なんとなく疲れが取れるような気がする言葉の響きですね。

喫茶よりは、響きがいいですね。

日本も喫茶店ではなく、カフェと言う名にしたらどうでしょうか。

今のところ日本には、純粋なカフェはそんなに多く存在しないと思います。

ところで、カフェと喫茶店はどこが違うのでしょうか。

調べてみました。

ご存じでしたか、酒類の提供の有無だそうです。

カフェでは酒類を提供するそうです。

そういえば、喫茶店でお酒を飲んだ記憶はないですね。

日本でも、喫茶店(これから、喫茶店は、カフェと呼びます。)のことを、カフェと呼んではどうでしょうか。

カフェはコーヒーなどを飲ませ、ひとときのくつろぎを与える場所です。

日本にも心安らぐそのような場所があったらいいですね。

また、コーヒーなどもいいのですが、日本茶をおいしく飲ませてくれるカフェに行きたいですね。

たぶん、日本のどこかにはあるかもしれませんが・・・。

そこでいろいろな、お茶を飲んでみたいですね。

調べてみましたら、お茶もいろんな種類があります。

日本茶、中国茶、紅茶です。

日本のカフェには、日本茶フルコースなどと称して、いろいろな日本茶を飲ませてほしいですね。

ちょっとくどいですが、日本茶の主要な種類を記述します。

煎茶、玉露、抹茶、緑茶、茎茶、玄米・ほうじ茶、番茶などがあります。

製法により、茶葉がこのようなお茶に変わりますよ。

カフェでは日ごろ飲まない、抹茶と玉露にお菓子をつけてもらい、静かな雰囲気でいただきたいものですね。

ところで、抹茶がどのように製造されているのか知らなかったので、お茶をされている方に聞いて見ました。

抹茶は、てん茶(茎をつけたまま、茶葉を乾燥させた葉)を石うすで引いて、粉にしたものだそうです。

ちょっと、気づきませんか。

お茶の横の、小さなお菓子を?

小ぶりで甘くて上品なお菓子、お茶に合いますね。

お菓子は、これでなければということはないようです。

お菓子の存在によりお茶が一段と引き立ちますね。

日本の文化の一つ、日本茶のよさを外国の人に知ってもらうためにも、身近に日本茶カフェが開店することを願います。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です