アジアの中でも注目!マレーシアのカフェ

マレーシアのカフェは賑やかです。

イメージを覆すかのごとく、充実しています。

地元のカフェ文化とスターバックスなど、外国のチェーン店が上手に共存していて、バリエーションが豊か、メニューも豊富です。

地元の人が好んで飲むのは、コンデンスミルクとお砂糖たっぷりのコーヒーか、紅茶です。

コンデンスミルク入りのコーヒーは「コピ」と呼ばれ、有名になっています。

マレーシアは東南アジア。

暑い国の特徴で、その過酷な気温に負けないよう、甘い飲物が風土に根付いているようです。

ところで、マレーシアの有名なコーヒー豆、ホワイトコーヒーを知っていますか?

ホワイトコーヒーは、個性的な焙煎方法で作られています。

コーヒー豆に砂糖やマーガリンを加えて、短時間で焙煎します。

短時間焙煎なので、淹れたコーヒーの色は薄いです。

でもその独特の方法で、一般のコーヒーよりクリーミーで、甘みの中にコクがある個性的なコーヒーになります。

コーヒー通でも、一度は飲んでみたくなる!そんなコーヒーが飲めるマレーシアのカフェ。

そのカフェで、メニューに必ずある、外せないフードをご紹介します。

シンガポールやマレーシアでは、必ずカフェにあるという“カヤトースト”というフードです。

カヤトーストは、日本でいえばラスクに近い感じです。

ココナッツミルク・卵・砂糖で作った“カヤジャム”というジャム。

カヤトーストは、このカヤジャムとバターを、サクサクに焼き上げたトーストに挟んでいただきます。

バターとカヤジャムの相性が絶妙だそうです。

カヤというのは、マレー語でココナッツを意味します。

アジアならではの、個性的で、美味しいジャムから生まれたカヤトースト。

必ず食べたい1品ですね。

マレーシアは、観光が進んでいる国です。

だからこそ、地元の味が出せるカフェと、海外からのカフェと、共存できているイメージです。

マレーシア!カフェ好きには外せない国になってきていますよ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です