オーストリアのカフェハウス定番メニュー アプフェルシュトゥルーデル

アプフェルシュトゥルーデルは、オーストリアでは伝統的のお菓子です。現地では、どこにカフェに行っても必ずメニューに載っている、超定番なのです。日本でも、カフェやケーキ屋さんやパン屋さんなどで扱っているところもあるようですね。

オーストリアの喫茶店やカフェでいただくことが多いアプフェルシュトゥルーデルですが、もともとは自宅で作られることが多かったお菓子のようです。各家庭でオリジナルのレシピがありました。最近では生地の部分のみ出来上がったものが冷蔵や冷凍でスーパーなどでも売られています。女性が忙しいご家庭ではこのようなものを使って、中に詰めるフィリングのみ手作りをして自宅のオーブンで焼けば、やはり手作りのよさがある、美味しいアプフェルシュトゥルーデルが出来上がります。

オーストリアのカフェでは、このアプフェルシュトゥルーデルは、粉砂糖が振りかけられて、さらにホイップクリームが添えられて出されるのが普通です。生クリームたっぷりでびっくりしてしまうかもしれませんが、日本のもののようには甘くはないので、思いのほかさっぱりとしていて、問題なくいただけます。また、バニラアイスクリームと一緒にいただいても美味しいです。

アプフェルシュトゥルーデルは、シナモン風味のリンゴとレーズンをパン粉のようなものでつないだものが詰め物で、それを薄いシュトゥルーデル生地で包み込んでオーブンで焼いたお菓子です。生地が、向こう側が透けて見えるくらい薄いのが特徴で、ぱりぱりとした食感も楽しめます。小麦粉の生地を薄く伸ばすのですが、サラダ油を加えたり、グルテンの形成を行うことによってこれが可能となります。巻き込む際に溶かしバターを塗っていくため、焼きあがったときにパイにも似た食感が生まれるのです。

アプフェルシュトゥルーデルは、粉砂糖、ホイップクリームやバニラソースなどを添えていただくのが定番です。

とくに紅茶との相性が良い焼き菓子です。ぜひ、カフェなどで見つけたときにはお試しくださいね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です