オーストリア皇帝が愛したスイーツ カイザーシュマーレン

カイザーシュマーレンは、オーストリアではごく典型的で伝統的なスイーツです。

定番メニューとしてカフェでいただくことができますし、

最近ではレトルトになっていてフライパンで温めるだけで食べられるお手軽なものもあります。

もちろん、家庭でも作ることが出来ます。

カイザーシュマーレンは、小麦粉、砂糖、バター、卵などを合わせた生地をフライパンで片面焼いた後に

フライパン返しやスプーンなどで小さく食べやすい大きさに切って、裏面も焼き付けて、

お皿に乗せて、仕上げに粉砂糖やレーズン、アーモンドなどを散らしていただくものです。

とてもシンプルなお菓子です。カイザーシュマーレンのカイザーというのは「皇帝」という意味です。

カイザーシュマーレンというとどれだけ華やかで立派なお菓子なのかと思ってしまう人もいるかもしれませんが、

実物を見ると拍子抜けしてしまうかもしれません。見た目はどちらかというと庶民的でボリュームたっぷりです。

ですので、食後のデザートに。。。なんて注文すると、ドン!と運ばれるそのお皿のボリュームに

戸惑ってしまう可能性もあります。むしろ、食事代わりに食べるくらいでちょうど良いかもしれませんね。

ところで、なぜ名前に「皇帝」が付くのでしょうか?

これは、かつてのオーストリア皇帝フランツ・ヨーゼフ1世が狩りに出かけた際にきこりの家で

シュマーレンを出されたそうです。

ただ、いつも食べているシュマーレンではなくて、皇帝のためにとミルクを特別に使用し、

さらに卵とレーズンを加えたということです。

これが、カイザーシュマーレンと呼ばれるようになったのです。

名前の由来には諸説あるようですが、いずれにしても皇帝ヨーゼフ1世が関わっているのですね。

カイザーシュマーレンは素朴ではありますがとてもやさしい味わいでまだ温かいものをいただくのが良いですね。オーストリアのカフェを訪れることがあれば、ぜひ試してみてくださいね。紅茶でもコーヒーでもよく合いますよ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です