カフェ 徒然なるままに

朝、カフェは出勤前のひと時を過ごすのに最適です。

昼、食後のひと時をカフェで過ごすのもいいものです。

夕方、仕事を終えて、ほっと一息入れたいときにカフェによる人もいるでしょう。

ほんのひと時、開き時間が出来た時過したくなる場所が、カフェです。

カフェを、ことあるごとに利用なされる人は、意外と多いのではないでしょうか。

カフェの言葉の語源は、コーヒー豆のようです。

そこから、コーヒーを提供する場所として発展してきました。

近頃では、紅茶や、飲み物も充実し、ソフトドリンク、軽食を提供する場となっています。

イメージとして、おしゃれなインテリアで構成され、店先にテーブル、椅子が並べて居る場所ですよね。

窓が大きく明るくて居心地がいいものです。

リラックスできるように開放的な環境を造り出している場所です。

時代に合わせて、ロケーションもよくオシャレな雰囲気を演出していることが多いようです。

カフェの特徴として、情報発信の場を目指していることが多くなりました。

イベント紹介や、ワークショプなどを行っているのを目にした方もいらっしゃるのではないでしょうか。

何と80%の人が、一人でカフェに行かれた経験があるそうです。

予想を上回る数字です。

従来からあった喫茶店が廃れつつある中、カフェは、全国的に数を伸ばしています。

その理由は何処にあるのでしょうか。

第一に、チェーン化しているカフェなどにおける、一杯の単価の安さです。

安くて美味しく飲める。

もともとカフェに足繁く通う人は、コーヒー好きな方が多いものです。

一杯では、もの足らず、もう一杯と飲みたくなる人が案外いらっしゃるものです。

第二、喫茶店は穴倉のごとく、閉塞感があるものです。

確かに、香り立つ一杯立てのコーヒーは魅力的ではありますが、女性が一人で気軽に寄れて、時間をつぶせるような雰囲気ではありません。

また、カフェと喫茶店の大きな違いに、お酒を提供するかどうかがあります。

このことは案外知らない方も多いのではないでしょうか。

近頃では、仕事帰りにお酒一杯という方も多くなったとのこと。

開放感溢れるオシャレな場所として、待ち合せ場所にも利用されます。

デートスポットとしても安価で愉しめ、雰囲気もいいので、リピーターも多いです。

現代において、カフェの利用方法は、様々です。

サラリーマンの方が、一息入れに寄ったり、名刺交換の場所に利用したりする光景もよく見かけます。

また同じように、学生さんが勉強をする姿もあります。

客層が固定していないというのも特徴ではないでしょうか。

カフェ文化と言ってしまうのは大袈裟かもしれませんが、そのようなものが定着しつつあります。

無造作に時間を費やしても良いのです。

自由に時間を過す楽しみをより一層深く知ることができるのではないでしょうか?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です