カフェでの過ごし方

皆さんはカフェで気分転換をすることはありますか?

私は朝、仕事に行く前に気持ちを仕事モードにするために、たまにですがチェーン店のカフェに寄ることがあります。

朝は音楽もやや音量が低く、爽やかな楽曲であったり、挽き立てのコーヒーからかぐわしい香りがしていると脳内の眠気が覚めていきます。

残念なことに私はコーヒーが飲めないのですが、挽き立てのコーヒーに鼻腔がくすぐられ心が落ち着きます。

私は主にミルクティーを注文します。

茶葉はアールグレイがとても好きです。

その他にはダージリンも好きですね。

これらをチョイスして、ティーポットに落としお湯を注いでもらいます。

蒸らしている時間は、スマホでニュースを読んでいたり、タブレットを使って読書をしたりしています。

2分ほど蒸らした後、ティーカップに注ぐと透き通った茶色のお茶が入ってきます。

まず先に砂糖を入れます。

次にミルクを入れます。

スプーンを使って三回ほど混ぜると、ミルクティーの完成です。

そして一口、口に注ぎ込み、苦みなどがないことを確認します。

ティーポットから茶葉の入っているティーパックを取り出します。

ここからは音楽を聴きつつ、タブレットで本を読み、20分ほどお店の中で待ったりとした時間を満喫します。

二杯目のお茶を楽しむ頃には、少々ぬるくなっているかも知れません。

砂糖は入れずに、ミルクだけを入れて気持ちをリラックスした状態から、仕事へ行く状態に変更します。

二杯目を飲み終えた頃には、頭の中では今日の仕事の流れを考えていると思います。

私にとってのカフェは、寝ぼけ眼の状態から仕事モードへの切り替えに利用しています。

皆さんはどう利用されているでしょうか。

例えば商談に利用する。

これは私もします。

移動時間の合間に、缶コーヒーとかを飲むのは味気ない。

これも私自身、缶紅茶よりも2倍強する価格ですが、椅子に座って落ち着けるのでよく利用します。

人との待ち合わせに利用する。

これも多いと思いますね。

オープンカフェなどで友人と話す時間はとても有意義ですね。

カフェ自体の存在理由は変化をしませんが、利用する人によって価値が変わるのでしょうね。

みなさんは、カフェと聞いて何を思い浮かべますか?

カフェは ゆっくりくつろぎの場所であり、友達との再会をしたりとカフェの利用法

は変化してきています。

最近では、お茶をしながら読書を楽しむといった光景をよく目にするように

なりました。

カフェと一言で言っても、様々な利用ができるようになったことで、老若男女問わず

利用が可能になりました。

また食事なども豊富に取り揃えてあるということもあり、ランチを楽しむ女性もいると

思います。

そういった意味でも、カフェの利用は、昔と現在では違うことが分かります。

これも時代とともに変化してきています。

カフェは、落ち着く空間の1つであるとも言われています。

様々な利用ができるようになったのには、このようなことが

言えるのではないでしょうか?

それは店作りにあるとされています。

ゆったりとした店内であるかどうかといったことがカフェ選びには

重要になってくるように思います。

またカフェはくつろげる場所であるため、1日を過ごすというという人もいるのではないかと思います。

また読書をするといった場合などにもおすすめです。

カフェは幅広い年齢の方などから、高く支持されています。

通勤前にカフェに入り、くつろぐことでリフレッシュすることができるとされています。

そうしたことなどからも分かるように幅広い年齢層に利用されています。

みなさんにとって、カフェはどういったところですか?

私にとって、カフェとは、くつろげる場所と思います。

くつろげるだけではカフェとは言えません。

ゆったりとした店内であるかということが重要になってくるように思います。

カフェはみなさんにとってどんな場所なのでしょうか?

くつろげる場所であることには間違えありません。

利用の仕方も多様化してきています。

カフェは、みんなが使う場所なので、1人1人が綺麗に使うことが必要になってきます。

カフェでの過ごし方は、人それぞれ違うと思います。

また最近では男性もカフェを利用する機会が増えてきました。

その理由とされているのが、お店にあります。

入りやすいお店が増えたことで、男性の利用も多くなってきたことが言えると思います。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です