カフェインに脳の中枢神経への興奮作用がある

コーヒーや紅茶にカフェインが含まれているのは有名です。

毎日カフェや自宅でコーヒーあるいは紅茶を飲むという習慣がある人は

多いと思いますが、その成分や効能について実はあまりよく知らないという人も

多いかもしれません。

カフェインといえば、眠気覚ましになるということで

知られています。

これは、カフェインに脳の中枢神経への興奮作用があるからです。

午後の会議や仕事での眠気覚ましのために飲んでいる人も

多いでしょう。

カフェインは、約30分かけて脳に届くのだそうです。

そして、その効果は8~14時間くらい持続するといわれています。

ダイエット中の方には気になる脂肪燃焼効果は、約3時間だそう。

カフェインにはいくつかの主な効果があります。

覚醒作用は、カフェインが中枢神経系を興奮させることによって

起こります。

これにより、五感、精神機能などが高まるため、運動機能の

向上効果も期待できます。

つまり眠気やだるさなどに効果があるということになります。

カフェインには、利尿作用もあります。

これは、カフェインが腎臓の血管を拡張するためです。

そのために尿の生成が早まるということです。

そのほかには、筋肉収縮効果があります。

カフェインには骨格筋を刺激する作用があり、そのため

筋肉の持つ力が強くなり、運動量が増えるために

運動能力が向上し、また筋肉疲労にも効果があるということです。

カフェインにはさまざまな効能があるのですね。

飲みすぎに注意して、上手に毎日の生活に取り入れたいですよね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です