カフェオーナーになって、自分なりの豊かな空間を形にしましょう。

カフェオーナーと聞くと、コーヒや紅茶を作る事が上手なイメージがあります。技術が高い事は、必要です。しかし、実際にお客さんからするとその土地にあった店づくりに加えて、落ち着いた接客が大切と言われています。

カフェを使う時は、一息入れたいというときが多いです。その時に、お客さんにあったコーヒを提供できるスキルが大切です。常連だけではなく、新規のお客さんにまた来たいと思われる接客が大切です。カフェオーナーは、様々な困難は待っています。しかし、乗り越えた時に達成できる充実感も計り知れません。まずは、説明会やインターネットで情報を調べて見ましょう。わずかの資金で開店できるシステムも多くなっています。興味がある方は、行動あるのみです。

カフェは、ホッする場所です。ホッと出来る環境、雰囲気は、カフェオーナーの持っている雰囲気と一致すると思います。カフェは、ゆっくりとおしゃべりを楽しむ場です。
カフェは、ひとりゆったりと落ち着ける場です。カフェは、ノスタルジックな場です。カフェは、美味しい料理と、美味しいコーヒーを提供してくれる場です。カフェは、幸せにしれくれる居心地のいい場です。カフェに行くことは、心がワクワクします。カフェは、音楽も重要です。カフェに行くことは、心に余裕が出てきます。普段忙しくしている方には、オアシス的な存在です。都会のカフェは、雑貨も充実している印象があります。昔ながらのカフェは、時代を感じさせてくれる臭いがあります。色んなカフェには、カフェオーナーの人生のストーリーを感じます。
将来はカフェオーナーになりたいという人は、けっこういます。もし、本当になりたいのなら、すぐにでも具体的な行動を始めたほうがいいでしょう。なぜなら、カフェを開くためには、やることがたくさんあるからです。
まず、メニューを考えなければなりません。カフェというのは、本格的な料理を出す所ではありません。ですから、調理師免許を持っていなければならないとか、そういことはありません。ですが、おいしいものを提供できなければ、お客さんは来てくれないのです。カフェで重要なのは、コーヒーの味ですから、コーヒーをおいしく淹れれるようにしておくといいでしょう。 メニューを考えたら、どんなお店にするかを考えます。色々なカフェに行って参考にするといいでしょう。 カフェオーナーになるためには、他にもすることがたくさんあります。できることから少しずつやるといいでしょう。
先々は自分のお店を持つために飲食業で働いています。夢はカフェオーナーで、そのための準備として調理や製菓を勉強しています。
いろいろカフェについて調べ、食べ歩くことも多いのですが、最低限やらなければいけないこととして、メニューの充実は欠かせないと感じます。立地や見栄えはもちろんですが、そういう点は以前内装関連の仕事もしたことがあり、イメージは持っていますし業者との繋がりもありますのであまり心配はないのですが、美味しい物を提供できるかどうかで集客に差が出るのは間違いないところです。流行るお店には必ずメニューの充実が見られ、今の時代の定食屋の要素も併せ持っていることは間違いないと思うのです。料理人を雇うことも頭に入れてはいますが、まず自分自身で基本を理解しておく必要があると考えますし、良い店を作るために何でも経験しておくことが大切なように感じるのです。
カフェオーナーになるためには、どうすればいいのか会社員から一番好きなことや長年の趣味を実益に変えたいと思うことは自然なことです。
自分のお店を持って友達や今の同僚を招待したいと夢見て開店資金を貯金する。しかしカフェはやはりコーヒーやエスプレッソからオーレまで様々な種類の飲み物をおいしく腕前があってこそです。店内の雰囲気は家具や照明などのインテリアでつくることができます。しかし、そうカフェやコーヒー通が通う店となるには、やはりエスプレッソマシンでよい味わいのドリンクが入れれるようになることが先決です。現在では本格的なエスプレッソマシンをネット通販やもちろん業者でも注文でき自宅でも本格的なドリンクが入れられるように練習できるのです。まずは家族や自分のためにお家カフェを充実させて、そしてその後はカフェオーナーの道へ進むという方向性もあります

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です