カプチーノ風カモミールミルクティーで温まる冬を

カプチーノは、カフェでは人気が高いコーヒーの飲み物です。

コーヒーに、ミルクを加えることでカフェインが苦手な人でも飲みやすく、また体がより温まるような感じがあります。

そんなカプチーノをイメージした飲み物にカモミールを合わせた、カモミールカプチーノは、

さらに癒しの飲み物で、カモミールの薬効も取り入れることができるでしょう。

コーヒーは含まないので、カフェインの心配もありません。

カモミールは、ハーブティーでも定番で、ハーブティーはあまり飲まないという人でも自宅に常備しているような、

人気のあるものです。このカモミールは、ストレートだけでなく、ミルクを加えたカモミールミルクティーは

最近カフェなどでも人気があるようですね。ピーターラビットのお母さんが子どものために作ったことでも有名なお茶です。さらに、ここに紅茶を加えても美味しいです。

カモミールにはさまざまな薬効があります。

もっとも味が美味しいとされているのは、フレッシュな花で入れたお茶です。

ただ、カモミールの薬効成分であるアズレンは、乾燥したカモミールのほうが豊富に含まれているんですよね。

ドライのカモミールは保存もできて、いつでも飲みたいときに飲めるという意味でも便利です。

カモミールは、好き嫌いが分かれる味かもしれません。

でも、ミルクを加えて、さらにシナモンの香りを効かせると、雰囲気がガラリと変わってとても飲みやすく、

苦手な人にも美味しく感じられると思います。ミルクは、泡だててふわふわにしていただきます。

これは、ドライのカモミールティーをやや濃い目に入れて蒸らしたものを用意します。

さらに、温めた牛乳をフロッサーなどであわ立てます。

あらかじめ温めておいたティーカップに、カモミールティーを入れて、さらにあわ立てておいた牛乳を加えて、

仕上げにシナモンパウダーを振り掛けて完成です。

できるだけ、カップなどをあらかじめ温めておいてください。

甘さがほしければ、黒砂糖やメープルシロップなどが、コクがあって相性が良いですよ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です