コーヒーと紅茶、飲むならどっち!?講座

コーヒーと紅茶、飲むならどっち!? ? 忙しい仕事の合間に、ほっと一息。 あるいは、気の合う友達とカフェでおしゃべりタイム。 そんなときのお供に、あなたはコーヒーか紅茶、どちらを選びますか? 両方とも嗜好品の代表ですよね。 日常生活で、リラックスしたいとき、欠かせない存在でもあります。 コーヒーを好む人と紅茶を好む人の割合が約7:3であるという アンケートの結果もあるようです。 ただ、年代別で見ると、20代の人たちはより紅茶を好むようです。 反対に、50代になるとコーヒーを好む傾向にあるんだとか。 共通の成分としてはやはりカフェインがあげられます。 カフェインの効能には、眠気を醒ますというものがあります。 午後の会議や試験勉強中には心強い味方です。 脳卒中を防ぐ効果があるという研究結果も出ているそうです。 このことから、嗜好品ではあるものの、 一概に健康に悪影響があるとはいえません。 逆に、コーヒーには糖尿病には予防効果があるという説もあります。 朝にコーヒーを1杯飲めば、血管の血流が良くなるそうですよ。 なので、勉強の効率もあがります。 紅茶といえばイギリス文化に欠かせないもの。 英国人は毎日のティータイムを愉しみ、食事時にも紅茶を飲んだりします。 紅茶文化が伝統的なものとして根付いているのですね。 お茶菓子も、魅力的なものばかり コーヒーよりも、リラックスしたいときに飲んだりします。 コーヒーも紅茶も、上手に日常生活に取り入れていきたいですね。 お気に入りのカフェを見つけて、ゆったりとした時間を過ごすのも いいかもしれませんよ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です