ティーバッグ紅茶を美味しくいただく方法

紅茶は、イギリスが本場とされていますが、現在世界中で飲まれている飲み物です。

日本でも、毎日必ず紅茶を飲んでいるという人は多いのではないでしょうか?

特に紅茶が好きではなくても、喫茶店やカフェに行ったらとりあえず紅茶をオーダーする、という人もいることでしょう。

紅茶にはさまざまな種類や飲み方がありますね。

リーフティーやティーバッグティー、フレーバードティー、スパイスティー、ハーブティー、ミルクティー、そしてスピリッツティー

なんていうものまであります。

紅茶の国イギリスでは、ミルクティーが定番と言われています。

日本では、好みによりますが、緑茶など日本茶の影響からかストレートで飲む人が多いともいえそうですね。

紅茶の中でも、ティーバッグでいただくティーバッグティーは、手軽で多くの人に愛用されています。

カップ1杯分の茶葉がバッグの中に入れられているので、カップに入れてそのままお湯を注げばOK,という手軽さが人気の秘密のようですね。

職場や旅先に携帯することも可能で便利です。

ティーバッグの紅茶は、便利さ優先で味や風味は二の次、と思われがちです。

でも、それほど高価でないティーバッグ紅茶でも、淹れ方によって、とてもおいしくいただけるんですよ。^^

まず、お湯は必ずじゅうぶんに沸騰させることです。

水道水はヤカンで沸かし、ボコボコと泡が立つくらいまで加熱します。

カップに、沸騰させたお湯を注いで温めておきます。

温めている間にも、やかんのお湯は沸かし続けてくださいね。

カップが温まったらお湯を捨てて、やかんのお湯を再度カップ八分目くらいまで注いでください。

ティーバッグは、静かにゆっくりと入れます。

入れたらすぐにカップの受け皿をかぶせて蒸らしてください。

ティーバッグの茶葉はリーフティーの茶葉よりも細かいので、蒸らし時間は短めと覚えておいてください。

大体1分くらい待ってから受け皿をはずし、ティーバッグを軽く動かして水色を均一にします。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です