ハーブいろいろ・ダンデライオン編

様々な種類、利用法があるハーブですが、今回はダンデライオンというハーブについてまとめてみました。

ダンデライオンはキク科の植物で、北半球を原産としていて、日本では「タンポポ」としてなじみ深いかと思います。

春になると道端でも見かける花ですが、葉の形が「ライオンの歯」に似ていることからこの名前が付きました。

フランス語では別名「ピ・サン・リ」と呼ばれていて、「おねしょ」という意味があるそうです。

これは、このハーブに利尿作用があるからだそうです。

欧米では「自然の薬局」とも呼ばれるほど薬効が有用なハーブとして知られています。

それでは、ダンデライオンの効能について、少し詳しく紹介していきます。

ダンデライオンには、ビタミンや鉄分、ミネラルなどの栄養素が豊富に含まれているので、貧血を改善し、体内に溜まった毒素を排出してくれます。

いわゆるデトックス効果があります。

他にも、先に挙げた利尿効果があり、通常の利尿剤を使用した場合は、体内のカリウムも一緒に排出されてしまいます。

ダンデライオンにはカリウムも豊富に含まれるため、カリウムを減らすことなく利尿効果が得られるそうです。

また、便通を良くしたり、消化促進やむくみの解消、関節炎や痛風、リウマチなどにも効果的です。

これら以外にも、強壮効果によって、肝臓や胆嚢などの機能回復にも有効とされていますが、胆嚢炎や腸閉塞の方は使用するのは避けた方が良いそうです。

以上がダンデライオンの主な効能です。

「タンポポ茶」と呼ばれるハーブティーがあるんですが、これは土臭く独特の苦みもあるので、クセの強いものが苦手な方にはなかなか飲みにくいかと思います。

そんな時は、根を炒って「タンポポコーヒー」として飲んでみてはどうでしょう?

コーヒーのように香ばしく、しかもノンカフェインなのでおススメです。

個人的な好みですが、私はコーヒーにして飲む方が好きです。

血液をサラサラにする効果なんかもあるそうなので、不摂生で体質改善したい方にはいいのではないでしょうか?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です