ハーブが嫌いな方でも。カモミールのミルクティー

ハーブは私たちの生活に浸透しており、需要も 高くなっています。 それでもやはり、ハーブが苦手という人もいます。 香りが独特なので、なじめない人がいるようです。 そんな人にも試して欲しいのが、「カモミールミルクティー」です。 カモミールティーといえば、風邪を引いたときに 必ずといっていいほど、ヨーロッパでは飲まれている お茶です。 ふつうはお湯で淹れるカモミールティーですが、 ここで紹介するのはミルクの入ったカモミールミルクティーです。 これは、カフェインも含まれておらず、紅茶が好きでないという人も 安心して飲むことが出来るハーブミルクティーです。 材料は2人分で、牛乳2カップ(400cc)、 ジャーマンカモミールをティースプーン2杯、 はちみつを少々です(これはお好みです)。 まず、牛乳を小鍋に入れ、そこにカモミールを加えます。 ゆっくりとかき混ぜます。 うっかりするとすぐ焦げ付いてしまうので気をつけましょう~。 カモミールの甘い香りが立ち込めてきます^^ 沸騰する前に火を止めましょう。 茶漉しなどを使ってカモミールを漉していきます。 ハチミツはお好みで加えます。 これで出来上がりです♪ なんでもこのカモミールミルクティー、 あの「ピーターラビット」にも登場してるんですって。 食べ過ぎておなかを壊したピーターのために お母さんうさぎが作ってあげたそうです。 カモミールが、昔から民間薬として効果があるとされてきたことが わかりますね。 このカモミールミルクティー、寒い日の夜、 興奮して寝付けない晩などに飲めば、 体が温まって気分が落ち着いて、気持ちよく眠れるでしょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です