ハーブとアロマテラピーについて

ハーブというと最初に思い浮かぶのは、ハーブティーです。

様々な効能があり、香りや色を楽しむことが出来ます。

また心と身体にリラックス効果とリフレッシュ効果を与えてくれます。

ハーブに共通していることは抗酸化作用があり、老化防止の効果があります。

利尿作用や便秘解消の作用もあります。

また食物繊維を含み、ノンカフェインであることも共通しています。

ハーブティーの種類はたくさんありますが、最初は単品で自分の好みのものを選んでみるといいでしょう。

ミント茶は清涼感があり、さわやかな香りが特徴です。

イライラや不安があるときに飲むと気分が穏やかになります。

バジルやイタリアンパセリなどは料理向きのハーブです。

パスタやスープなど、あらゆる料理に使われます。

アロマテラピーは植物の中に含まれる香りの成分の精油だけを抽出し、それを用いいるものを言います。

ハーブティーとの違いは体内に直接取り込むかどうかです。

ハーブティーは飲むことで胃や腸の不調に効果を発揮しますが、アロマテラピーは飲むという使い方をしません。

芳香浴として空気中に精油の香りを拡散させて鼻から吸収したり、全身浴や半身浴で鼻から香りを楽しみ皮膚から浸透させます。

ハーブティーの飲み方はドライハーブやフレッシュハーブをティーポットに入れて、蒸らしてそのまま飲むのが普通です。

ハーブティーの中には、そのままでは飲みにくいものもあります。

そういう時は紅茶や緑茶、フルーツジュースなどとブレンドして飲むのもいいです。

紅茶や緑茶、フルーツジュースの割合を多くして飲むのがおすすめです。

はちみつや砂糖を加えるのも飲みやすくなる方法です。

ハーブティーとアロマテラピーの両方を用いると、身体の内側と外側から効いてとても効果的です。

ハーブもアロマテラピーも香りを生活に取り入れることで心身を健康にすることが出来ます。

また自然治癒力を高めることも出来ます。

ハーブとアロマテラピーは体調を整え、美容の増進を図る事が出来るものと言えるでしょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です