ハーブを始めてみましょう

身近に感じられるようになってきたハーブティーや、ハーブレシピについて調べてみました

代表的なものといえば、ラベンダー・カモミール・バジル・ローズマリー・ジャスミン・パセリなどがよく知られています。

特徴はビタミン、ミネラルが豊富なことです。

体に負担なく長期的によい効能が期待できるということがあります。

身体の老化を防ぎ、活性酸素を防ぐということもあります。

毒素を排出して、新陳代謝を活発にする効果もあります。

自然の香りでアロマテラピーを体感できるということも一つの大切な特徴です。

ほかにもたくさん考えられますが、身体によくて、自然な薬効が期待できるということが共通点です。

さて、料理レシピを検索すると、ハーブ料理がたくさんヒットしました。

グルメ志向にプラスされて、健康志向、自然志向が重なって、ハーブの人気は高まっています。

ハーブに興味があるなら、ベランダやお庭の隅で、ハーブを育ててみるのもお勧めです。

バジルやルッコロなど育てやすいハーブは、お庭でなくても、ベランダのプランターで栽培できます。

ベランダも華やかになりますし、よい香りがします。

さらにそのまま、料理に利用できますから、便利です。

収穫する楽しみのほかに、見て楽しみ、香りで楽しみ、食べて楽しめるので、ハーブにはまること間違いなしです。

バジル、パセリなどは、トマトソース系のお料理に利用できます。

小さくちぎってパラパラ入れるだけで、グッと本格的なイタリアンに変身します。

でも、たくさん収穫してしまったら、ミルで細かく砕いて天然塩と混ぜてみましょう。

それだけでハーブソルトの出来上がりです。

塩3・ハーブ1の割合でたくさん種類を作っておきます。

ハーブ料理の幅が簡単に広がりますよ。

お料理だけでなく、細かく砕いたハーブはお水で溶かして、天然のパックとしても利用できます。

天然成分100 %なので、本当に安心です。

そして、ハーブティーは、代表的なハーブの楽しみ方です。

カフェインも入ってないので、子どもさんから、お年寄りまで安心していただけます。

残ったハーブティーはお茶のパックに入れて、そのまま入浴剤として利用できます。

とってもいい香りで、至福のバスタイムが過ごせます。

健康的なハーブは生活の中で、いろんな方面で楽しめます。

是非はじめてみましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です