ハーブティーを活用してつらい鼻づまりを解消する方法

今は花粉症のシーズンなので、つらい鼻づまりの症状に悩まされている方もおられるでしょう。夜なかなか寝付けなかったり、不快感が続いて頭がぼーっとしてしまうかもしれません。

まだまだ花粉症のシーズンは数ヶ月続きます。また、風邪やアレルギー性鼻炎のときにも鼻づまりを発症しがちです。ここでは、ハーブティーを活用して、つらい鼻づまりの症状を少しでも解消するための方法をご紹介します。

使うハーブティーは、ペパーミントティーです。その名前から分かる通り、ペパーミント100パーセントでできています。薬ではなく、カフェインも含まれていないので、2?3倍続けて飲むことができます。またのど飴のように甘味がないので、歯磨きをした後にも飲めるというメリットがあります。

ペパーミントティーを大きめのマグカップかティーポットに入れ、沸騰したての熱湯を注ぎます。お湯の温度が低いと成分が十分に抽出されないので、必ず沸騰したお湯を使ってください。あらかじめマグカップやティーポットを温めておくのもおすすめです。香りが逃げないようにふたをし、3?5分置いて抽出します。

ティーポットで淹れた場合はマグカップなどに移し、ペパーミントの香りがする湯気を鼻から吸い込みます。すーっと鼻が通る感じがすると思います。まだ飲むには暑すぎるので、しばらく湯気の吸入を続けます。

飲めるくらい冷めてきたら、ペパーミントのハーブティーを飲みましょう。ペパーミントには殺菌作用やウィルスに対する抵抗力を高める効果もあるので、普段から飲み続けると良いでしょう。

温かいペパーミントティーを飲むと、体温が上昇し、血行が良くなって鼻の中の毛細血管も拡張します。それで鼻づまりの症状が緩和されるというわけです。

ペパーミントに限らず、ハーブ類にはこのように鼻づまりを解消する効果が期待できます。すーっとした口当たりが苦手な方は、もう少し甘味のあるカモミールティーなどもおすすめです。ぜひ試してみてください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です