マサラチャイを作ってみよう

ちょっと肌寒くなって、ニットの洋服が恋しくなる季節になると、温かい紅茶がほしくなりますよね。

ミルクティー、ココア、紅茶、カプチーノ、などなどさまざまな飲み物があります。

どれも美味しいですが、たまには目先を変えたものを自分で作ってみるのも楽しいですよ。

マサラチャイも、こんな季節にぜひ一度作っていただきたい飲みもののひとつです。

マサラチャイというのは、煮出したミルクティーに独特のスパイスを加えたもののことです。

チャイはカフェなんかで飲んだことはあるけど、自分で作るのは難しそう・・・なんて思う人がいるかもしれませんが、実は

けっこうカンタンに出来てしまうんですよ。

チャイに使用する茶葉では、CTCが向いているでしょう。

丸みのある、コロコロとした茶葉で、代表的なものではインド産のアッサム種や、アフリカ産のケニヤなどがあります。

CTCの茶葉のメリットは、茶葉がすぐに開くという点です。

そして、苦味や渋みなどが割りと少なくてコクが深く、味にパンチが感じられます。

ぐつぐつ煮出すマサラチャイにとって、これらはとても大切なポイントなんです。

使用するスパイスは、シナモンやカルダモン、クローブなどが一般的です。

最近では、ブラックペッパーを入れているお店も出てきたりして、これでなければならない!というような決まったレシピは

ないのです。

むしろ気をつけたいのは、使用するスパイスの「量」です。

使いすぎるとおいしくないので注意しましょう。

ごくごく少量でもスパイスは十分に存在感を発揮してくれますよ。

マサラチャイは、まず片手鍋に180ccのお湯を沸かして、沸騰後にティースプーン1.5杯のCTC茶葉を入れてください。

そして、砕いたスパイスを投入します。

量は少量にとどめておきましょう。

1分ほど経過すると茶葉が完全に開くので、開いたら残りの分量(180cc)の牛乳を加えます。

再度煮立ってきたら、火を止めて。茶葉とスパイスを漉してカップへ注ぎます。

好みで砂糖を入れると、味が引き立って美味しいですよ。^^

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です