ワールドワイドな飲料「紅茶」

紅茶は、実は世界中で圧倒的に飲まれている飲み物です。

日本では、パンや洋食にも緑茶を選ぶなど、毎日当たり前に緑茶を飲む人が多いですし、コーヒーもありますから、ちょっと意外な気もしますよね。

また、紅茶というと、イギリスのアフタヌーンティーや、ヨーロッパに多く存在する有名な紅茶メーカーに代表されるように、現在はヨーロッパの飲み物のイメージが強くなっています。

ところが、これまた実際は、紅茶は中国が発祥の地です。

中国では、昔は不老長寿の霊薬ということで、貴重なものとして扱われていました。

その後、17世紀ごろに中国からヨーロッパへと伝わっていきました。

特にイギリスで貴族に飲まれるようになり、徐々に庶民に広まっていきました。

ちなみに、日本には、明治時代にイギリスから紅茶が輸入されました。

私自身は、紅茶が一番と言えるぐらい大好きで、毎日必ず2回は飲みます。

1回は、朝食の時にパンと一緒に、もう1回は、日中の時間が空いた時に、まさにアフタヌーンティーのような気分で必ず飲みます。

普段は、ダージリン、アールグレイ、セイロンなど、どこにでも売っている紅茶の種類を飲んでいます。

また、メーカーによって、オリジナルの紅茶やブレンド紅茶があるので、トライしています。

種類によって香りも味も異なりますが、特に苦手なものもないです。

外出先でも、紅茶を注文することが多いです。

特に洋食の時やカフェでは、紅茶を必ずと言って良いほど注文します。

最近は、ブレンドしたものや、紅茶の種類が豊富な飲食店も多いので、いろいろなものを飲めるのが嬉しいです。

昔は、レモンを入れて酸味も味わいながら飲んでいましたが、最近はもっぱらストレートティーです。

ストレートティーは、紅茶そのものの味や香りを楽しめるので、紅茶好きにはおススメの飲み方です。

あまり紅茶を飲まない人は、ミルクや砂糖を入れると飲みやすいかもしれないですね。

アイスティーにして、シロップやミルクを入れても良いかもしれません。

紅茶には、いろいろな体に良い効果があります。

その一つに、リラックスさせる効果もあります。

ちょっとひと休みする時に、紅茶を飲んで、ヨーロッパ貴族のような優雅なひとときを過ごせたら良いですよね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です