万能薬~紅茶~

紅茶というと、どうしても豊かな香りや味に意識がいってしまいがちだと思います。ですが、紅茶にも他の飲み物と同様に体への効能や色々な成分が含まれています。今回は、紅茶の効能と成分について紹介したいと思います。

紅茶もお茶の一種です。そのため、お茶に豊富に含まれているカテキンが紅茶にも含まれています。しかし、紅茶を製造していく段階の中でカテキンの量は減ってしまい、緑茶ほどの量はありません。

ですが、カテキンには抗菌作用があります。虫歯の予防、大人にも多い歯周病の予防にも役立ちます。その他に、老化を防ぐ抗酸化作用や血圧も下げる効果もあるそうです。このように、カテキンは様々な病気を防いでくれる大切な成分です。また、カテキンは脂肪を燃焼してくれるので、ダイエットにも効果があります。

カフェインという成分は皆さんも聞いたことがあると思います。このカフェインも紅茶に含まれている成分の一つです。カフェインは眠気覚ましの効果で有名ですね。これは覚醒作用によるもので体のだるさも解消されるそうです。

しかし、気をつけなければならないこともあります。知っているとは思いますが、寝る前のカフェインを摂取すると寝つきが悪くなります。

また、妊婦さんもカフェインは控えたほうがいいでしょう。カフェインには利尿作用があります。その影響で赤ちゃんに十分な栄養がいかず、尿として出てしまう場合があるそうです。それでも、紅茶が飲みたいという方はノンカフェインの商品、もしくはカフェインが含まれていないハーブティーがおすすめです。

実は、紅茶を飲むことで風邪の予防につながります。皆さん、知っていましたか?その理由は紅茶に含まれているある成分に秘密があります。

その成分は、テアフラビンという成分です。これは紅茶の赤い色の素になっています。この成分が風邪を予防する効果があるそうです。さらに、先ほどのカテキンの効果も合わさって風邪の原因になる菌をより抑えることができます。

紅茶も飲むだけでも効果がありますが、一番は紅茶でうがいをするのが良いそうです。紅茶好きの方は「せっかくの紅茶をうがいに使うなんて・・・」と思う方もいるのではないでしょうか。しかし、手ごろなティーバッグでも効果が得られます。

インフルエンザが流行する秋から冬にかけては効果的な方法かもしれません。

こうしてみると、紅茶は美味しいだけでなく、様々な菌や病気から私たちの体を守ってくれる万能な飲み物と言えるかも知れませんね

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です